アパートを退去する時には、敷金が多く戻ってくるようにするためにもきちんと掃除もしましょう。

アパートを退去するまでの流れについて

アパートを退去する時の注意点

アパートを退去する時には、大家さんや管理人の立会いのもと、室内の確認を行う事になります。荷物を全て搬出した状態で、床やたたみ、壁、その他全ての箇所に置いて損傷個所など原状回復が必要なところがないかチェックされるのです。畳にカビが生えたり、壁やフローリングに傷がついていたりと長年住んでいれば何かしらの修復個所がでるのはよくある事です。

修復費用は借主が負担する事になります。契約時に敷金を納めてある場合にはその中から出される事になり、余剰分が出れば借主に返却され、足りなければ追加で請求を受ける事になります。この時に、少しでも多く敷金が返却されるようにするために、荷物搬出後にきちんと掃除をしておくと良いでしょう。その都度業者を入れて清掃をするのだからと考えていると、やはり汚く使ったという印象を持たれやすいものです。キッチンやふろ場やトイレなどの換気扇口に誇りがついていないか、排水溝に汚れが詰まっていないかなども、チェックしておきたいポイントです。ちょっとした一手間で、敷金が多く帰ってくればラッキーです。立つ鳥跡を濁さずという気持ちで、退去時にはきちんと掃除をして引き渡すと、気持ちもいいものです。