賃貸物件に引越しが決まったなら、流れを把握しておきましょう。やり残した手続きがない様に計画的に!

アパートを退去するまでの流れについて

賃貸物件の引越しの流れ

賃貸物件に引越すことになったら、まずは物件の条件を考えます。地域は、家賃は、部屋の間取りの希望は、考え出したらキリがありませんが、ゆずれない条件はしっかりと決めておきましょう。そしてようやく不動産屋さんに連絡です。不動産屋さんは条件に見合った部屋や自分が担当しているアパートなど紹介してくれます。部屋を見始めるとすぐ決めてしまいたいと気持ちが揺らぎがちですが、じっくり選びましょう。決まったら窓の大きさやコンセントの位置などメモしておくとカーテンなど買いやすいです。

部屋が決まったら契約書の作成です。スムーズにいけば一週間もしないうちに契約は完了。この時点で入居日は決まっているはずなので、引越し業者に連絡して見積もりを取ってもらいます。大きな家具は持っていくかどうかを決めて構いませんが、小さいものは後からしっかり要る要らないを判断して処分して荷造りしましょう。引越し1週間前には水道やインターネットの契約の変更などを行い始めます。郵便局に元の住所に届いた郵便物を1年間新しい住所に送ってもらえる手続きをしておくと楽ですよ。ガスは立ち会いなので自分の予定を空けておきましょう。そして引越し当日、業者さんにかかれば荷物はあっという間に搬出されます。搬出の傍らで掃除を進めるといいしょう。そして新居へ。荷解きは必要なものから順番に。そのためにも荷物はなるべく少なく、用途ごとに分けて荷造りしましょう。これで引越しはスムーズにいくはずです。