住んでいる部屋とはまた別に仕事場としてアパートを借りることのメリットについてまとめてみました。

アパートを退去するまでの流れについて

仕事場としてアパートを借りるメリット

現在住んでいる部屋とはまた別にアパートを借りているという人は意外と多くいるようです。実は僕も住居とは別に、会社の近くに安い部屋を借りております。これはもともとは資格試験の受験勉強用に借りたものですが、試験に合格した今でも終電を逃したり、昼休みに落ち着いた場所で休みたい場合に利用している次第です。そしてこうしたセカンドルームとしてではなく、仕事場として別途部屋を借りているという人もいるようですが、これにはレンタルオフィスを借りる場合と比べてどのようなメリットがあるのでしょうか。

それにはまず、費用の安さが挙げられます。申し分のない広さのオフィスを借りるとなるとかなりの費用が必要となり、安いオフィスを探すとなると共同スペースの中に電話線の通った机だけが並んでいる図書館のようなミニオフィスということになってしまいます。しかし、アパートであればミニオフィスよりはるかに広い空間を独占できるというわけです。また、レンタルオフィスは利用できる時間帯や土日祝日は使えないといった制限がある所も多いのですが、アパートを借りてしまえばそういった制限は全く気にせずに済みます。さらに、もともと生活用に設計された部屋ですので、バス、トイレ、キッチンと設備が整っているので終電を逃してもそのまま泊まる事ができるというわけですね。