スムーズに引っ越しを遂行するためには、賃貸契約が済んだらすぐに入念な段取りを始めましょう。

アパートを退去するまでの流れについて

賃貸へ引越しのスケジュール

賃貸への引越しが決まったら、すぐに日程を決めて業者を頼む場合は早めに予約を取ります。特に異動と新生活がスタートする春の引越しシーズンは、予約を取るだけでも一苦労です。また、それを見越して値段も上乗せしてくる引越し業者も多いので、見積もりは数社から取り検討する事をオススメします。自分達でやる場合は、トラックもしくは軽トラックは必要ですのでレンタルの手配をしましょう。要らない物は処分し、使わない物から荷造り開始です。新居の間取りを考えながら必用な家具を買い足し、2週間前までにはある程度はモノの整理がついている事が理想です。なぜならこの2週間前から書類の手続きやら、挨拶周りやらと忙しくなるからです。新居での生活に理想を描けるのも2週間前までといった感じですので、思い残す事がないように、また買い忘れや荷造りのし忘れでバタバタしないように気を付けましょう。そして、引越しの1週間〜2週間前には転出する役所での手続き、ライフラインの契約、住所変更等の手続きを行います。引越し後も同じで2週間後までには、転入先での手続きなどはしっかり済ませましょう。そして、皆さんが気になるのは引越し前日の過ごし方ですが、もし泊まれる場所があるなら他で泊まったほうが布団なども荷造りができ楽です。冷蔵庫の中身も全部出しコンセントは抜いときましょう。霜の水を完全に溶けさせて拭き取ってから運び出すのが理想です。

引越し当日のスケジュールですが、大きな物から運び出し、新居でも大きな家電や家具から設置していきましょう。そして段ボールの荷物は番号をふっておき、最後は数をしっかりチェックすると安心です。また貴重品は必ず自分で管理します。引越しが終わったら、賃貸でもご近所さんへの挨拶周りはその日のうちにが鉄則です。