初めての賃貸マンションへの引越しで、困ってしまったことややらかしてしまった事を書いてみたいと思います。

アパートを退去するまでの流れについて

賃貸マンションへの引越しの思い出

社会人になって一人暮らしをはじめてから、何件かの賃貸マンションで引越しを経験しました。はじめの引越しのときはワクワクしているばかりで、実際当日になってみると用意が整っていなくてワタワタしてしまったものです。そんな私の体験から、ありがちかと思われることをいくつか書いてみようと思います。

まず、当然ですが水道、ガス、電気は先に連絡しておかないと困ったことになります。当日はご飯も作らないし、ガスは当日でいいかあ・・・。なんて悠長なことを思っていましたが、当日連絡しても、明日以降になります、との返事。まあいっか、なんて思っていたのですが、引越しも終わり、お風呂でも入ろうかと思ったら。お風呂は、ガスを使うんですよね・・・。その日はお風呂に入れなかった悲しい思い出があります。また、トイレットペーパーがない、ということにトイレに行くときに気づいたり。ティッシュ類はすぐに出せるように、一セット別にしておくことをおススメします。布団もしっかり荷造りしてしまうとなかなか大変なものの一つです。張り切って布団やシーツ類の洗濯を済ませ、シーツ類はシーツ類で別にしまっていたのですが、布団のありかはわかっていたものの、シーツがどこにあるか解らずに困ってしまいました。今からダンボール空けたくないし・・。前述の理由でお風呂に入れていなかったので、直接布団に寝たくなかったのですが、仕方なくそのまま寝る羽目になってしまいました。

引越しなれしている人ならしないようなミス満載ですが、初めてだと結構やりがちかと思います。まあ。今となってはいい思い出ですね。