賃貸物件から引っ越す場合、引っ越し業者に連絡し、日時が決まったら、電気やガス、役所、郵便などの手続きをします。

アパートを退去するまでの流れについて

賃貸を引越すとき、退去までの流れ

3月はたくさんの人が入学、就職、転勤などで、引越しをする季節です。この時期は引越し業者はもっとも忙しい時期です。賃貸物件からの引越しは、荷造りだけでなく、いろいろと手続もいたくさんしなければならないので、あっという間に引越し当日を迎えるということもあります。直前になってあせらないように、引越しが決まったらすぐに準備を始めていきましょう。

新入学、就職などで、引越しがきまれば、まずは引越の方法、日時を決めます。そして、業者に見積もりをしてもらいます。いくつかの業者に見積もりを依頼して、比較するのがよいでしょう。3、4月は、多くの人が移動します。この時期の引っ越しは、業者の予約がいっぱいです。特に土日には引っ越しが集中するので、土日の引っ越しは、1ヶ月前には予約をします。業者が決まれば、荷造りをはじめましょう。

次に、電気、ガス、水道をとめてもらうための手続き、新居で開通してもらうための手続きをします。また、役所に行って、転出の手続きをしましょう。新聞も販売店に連絡して転居の手続きをします。また、インターネットも引越しの手続きをする必要があります。郵便物も新住所に届くように手続きします。荷造りが終わったら、これまでお世話になった旧居を掃除しましょう。