私が賃貸に引越しをする時のいつもの流れを、これから引越しをする人のアドバイスとして説明します

アパートを退去するまでの流れについて

賃貸と私の引越しの流れ

私の経験する引越しの流れは、だいたい以下の様な感じです。まずは、引越しする賃貸物件探しです。これは引越しする一ヶ月前に行っているケースが多いです。最も会社の都合によるので、もう少し期間が短い場合もあります。この時に注意しているのは、採寸です。どんなに時間がかかっても、間取りの寸法を正確にとります。これを利用して、実際自分の家の家具をどのようにレイアウトするか、間取りの図面をおこして配置をします。この作業は結構重要で、引っ越した先で業者に置くべき場所を迷わず指示ができます。その後が、荷物を詰めることです。この時注意していることは、この時点で断捨離を行っています。引越しのタイミング程、不要なものを捨てられる時はないので、この時に不要と思えるものは可能なかぎり捨て身も心も心機一転させます。ちなみに、この時粗大ごみも発生しますが、これは決まった日にゴミセンターに車で捨てに行きます。これらの作業を引越し2週間前に行うっています。そして、大体引っ越し1週間前位に、郵便局に転送届けを出し、光熱費関係の解約手続きを行います。昔は、水道局とかに直に行かないと処理ができない場合もありましたが、最近が電話1本であらかた出来てしまいます。転出届けも引越しする日が決まってれば、事前にできるのでその時にやってしまいます。そして、引越しの日。荷物を運び出したら最後に賃貸不動産の人に部屋のチェックを受けて前半戦終了というのが流れです。

さて、後半戦は引越し先での荷受けからスタートですが、自分が前日入りする場合と、当日入りする場合があります。前日の場合、何も無い状態で新居で待たなくてはならないので、寝るとき寒いので寝袋だけは最低準備しています。さて、実際の引越し当日は、業者が荷物を入れて行くだけですが、荷物があたる事による壁の破損が無い事を、兎に角チェックする事が必要です。彼らは一生懸命やってくれますが、結構こういった破損をしています。後に気づくと費用請求できないので、このあたりの注意は必要です。また、このとき、段ボール系の荷物は、兎に角、中のものを外に出して、持って帰ってもらうのがベターです。後で捨てる面倒もありますが、これより片付けが早く済みます。ここまで終わってしまえば、後は住民票の移動や光熱費の再契約のみです。このあたり、ズボラにしていると後で後悔するのですぐやってしまうと良いでしょう。以上が、私の引越しの流れです。