賃貸に引越しをするさいには挨拶まわりをしておいた方がその後のご近所付き合いがしやすくなります。

アパートを退去するまでの流れについて

賃貸に引越した後の挨拶の仕方

賃貸の引越しをしたときにご近所への挨拶をする人は減ってきています。でも挨拶はしておくにこしたことはありません。とくに一軒家や家族での引越しの場合はしておいたほうがいいです。子ども同士が仲良くなりお世話になる可能性も高いからです。また、大家さんが隣やすぐ近くに住んでいる場合も挨拶はしておいたほうがいいでしょう。

大家さんや管理人さんへの挨拶は引越して荷物を運びこむ前と、作業が完了したあとの2回に分けてするのが通例です。挨拶をしておけばその後自然と話しかけることができます。一人暮らしのひとも気になるようであれば挨拶をするにこしたことはないです。不動産会社に挨拶をした方がいいのかどうか聞いておくのもいいです。その地域のしきたりなどあるかもしれません。挨拶するときは必ずこちらから名乗ります。「失礼ですがお名前は」は聞き返されることがないようにしましょう。

挨拶する範囲は地域にもよりますが、マンションのような建物だと縦横それぞれの部屋に挨拶します。一軒家も隣と正面3軒、裏3軒にそれぞれに挨拶をします。挨拶は遅くとも引越し後の2、3日以内にします。品物は1000円以内の日用品やお菓子を持っていくのが一般的です。